1yrs&1months

2008年3月 2日 (日)

初節句の日

にほんブログ村 子育てブログへ

今日はパパの実家できらの初節句のお祝いをしていただくことにvirgonote

きらの生活改善に力を入れている今日この頃。ちょっと気をゆるむと彼女のペースに巻き込まれるsweat01 朝早く起こすと機嫌が悪く、しかもなかなか起きない。 が、今日はパパがいたおかげで朝からかなりハイパーflairCimg5974

パパに着がえをお願いすると、すっかり遊ばれてるsign01こんな妖怪が「大日本人」の映画の中にいたな~coldsweats01Cimg5975

Cimg5978_2

その後、着替えが途中ながら、モンパチの曲に合わせて踊るきらの姿が、デビュー当時の井森美幸とかぶる(笑)Cimg5989

そんなこんなで、子供は本当に笑わせてくれるhappy02

近頃、パパとママで話していると、私を仲間外れにしないで~punchとばかりに邪魔してくるきらだが、大丈夫。あんたが我が家の大将ですsmile

その後、パパの実家では盛大なおひなさまパーティーの用意がbirthday

Cimg5996 Cimg5997 おいしそうなちらしずしはほとんど食べず、なぜかきゅうりの浅漬けをボリボリ・・・取り上げると、怒って取り返す。なんでそれが好きなのか??

でも、一番好きなのは、やっぱりいとこのりゅうちゃんheart04

りゅうも真っ先にきらの所に飛んで来てくれるshine

りゅうと一緒に風船で遊んだり、かくれんぼしたり、きらはこんなやさしいいとこがいて、こんなにみんなにお祝いしてもらって幸せ者だぞsign01

なのに、なんでそんなに・・そんなことまで!?というくらいに、りゅうの弟かいちゃんをいじめるきらweep 歩行器に入って抵抗できないかいちゃんの口の中、奥まで手を突っ込んだり、おしゃぶり、哺乳瓶をひったくる。泣いてるのに、まったく人の心が読めない様子downいじめてるつもりはないのだろうが、いじりすぎである。ま、興味あるもの、おもむくままの行動なんだろうが。かいちゃん、ごめんね(>_<) 大きくなったら、やり返すんだよ。Cimg6009

近頃、ダメ!とかこら!とか言うことが少なくなくなったが、きらは余計に調子に乗るconfidentsweat02ま、自分もかなり手がかかった子だと思うので、しょうがないか・・

もうすっかり赤ちゃんの枠を超えたね、きら☆ 意思を伝えてくるし、みんなを認識してるし、なんだってその手で掴めるようになったね。

帰宅後、手土産で頂いた豪華な桜プリンを頂こうcherry

きらは昨日ママが作ったプリンを「ウエ~shock・・」とまずそうに拒絶。したので、プリンは嫌いなのかと思ったら・・!?

Cimg6016 この桜プリンはベビーサインでおいしい~upsign03の連続。そんなに、ママ手作りはおいしくなかったかい(;一_一)

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (13) | トラックバック (0)

公園デビュー!?

にほんブログ村 子育てブログへ

我が家の近所の公園は、小さすぎるか大きすぎるかで、公園デビューでママさん達に気を使うほどの交流の機会がほぼない。

Cimg5966 時々お邪魔するママの実家がある団地の公園では、顔なじみのママさん達もできてきた。

この日、ほっこり公園に出てみると、私の中学の同級生Yくんの奥さんそのとおチビさん達がhappy01

Yくんは中学の頃のように今もかなり細いらしく、子供たちも遺伝してるようで、食べても太らないそうsign04。そして、その子孫たちはなんと4人upsign03 しかも、団地の4階(エレベーター無し)に住んでるsign03

それなのに、なんでそんなに大変そうじゃないんだろう??

さっきまで私だけ昼寝しててさ~っwinkだって。どうしてそんな時間があるの??

聞いてみると、どんどん楽になるよ~ってscissors

一番下のひなちゃん(一歳)なんか食べてるけど?と言うと、

あら~またがうんちから出てくるな~♪

またなんか食べてるけど・・

あら~これは木の枝ね~happy01

という感じshine他のチビ達が元気に遊びまわるのを、すわってのんびり見守ってる。

ほんと、素敵なママで、とっても憧れるshine

そんな中、きらは、、Cimg5956

せっかくお友達がいるのに、我が道を行く。

何度もすべり台の階段を昇り、すべり台が楽しくて仕方ない様子。

それでも、周りに同じようなキッズがいるのがいいみたい(*^_^*)

存分に公園での時間を楽しんだきら。

Cimg5972 その後、パパ行きつけの中華料理屋で夕飯を。

中国人のやさしい店員さんにもかかわらず、男性だったため、だっこされると赤おにのような顔で泣いていたsweat01

なんか、若くて素敵な男性ほど、きらは人見知りする気がするな~coldsweats01

Cimg5973_edited1

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

Marieちゃんバッグ♡

にほんブログ村 子育てブログへ

どーもお気に入りなのが、Marieちゃんのキャラクターのビニールバッグheart02 Cimg5955_2

ママのマネをしているようで、バッグを肩にかけて、部屋中をグルグル歩く。

床に落ちているおもちゃや、何でも小物をどんどん入れていく。

おかげで、探して見つからないものはそこに入っていたりhappy02

Cimg5954 そんな姿を写真に収めようとすると、

カメラちょうだい!それ入れる!!」とcoldsweats01

絵本やらなんやらどんどん入れていくきら。

バイロンは~?」と、お気に入りのぬいぐるみを渡すと、

それは違うと。 かわりにギュっとハグしながら、グルグル一緒に歩きだす。

お友達はバッグに入れないんだね。ちゃーんとわかってるようでupCimg5953

バイロンの背中をトントンして寝かしつけ?てたり、お化粧のまえっこをしたり、

ごっこあそびに夢中のようですshine

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

英語でリトミック

にほんブログ村 子育てブログへ←クリック願いします(*^_^*)

買い物中、たまたまいつも聞いてるミッキーの音楽が流れていて、それに腰を振って反応してみせたり、胎教としても聞いていた、唯一持ってるモーツアルトのCDを聞いていると、曲が終わるところで、拍手してみせたり、最近音楽の反応を著しくみせてくれるmusic

そこで、気になったのがリトミック

せっかくだから、英語でリトミックなんてないかな~eye

と、ネットで調べていたら、近所ではないが同じ県内にリトミックサークルを発見。そしてちょうどよく無料体験レッスンをやっていたsign01

これぞいい機会と即申込み。

場所は車で一時間弱。正直今後通うことは考えられない距離だし、

まだまだ、毎週レッスンって行動の枠に入れることもないな~と思う。

だから、ママときらの関係の中で、楽しく遊びながら学べる環境を築いてあげられたら。

レッスンには10組くらいの親子が。先生はすべて英語。歌いながら、リズムに合わせながら、英語であいさつや、ダンスなど。

私もひさびさの英語漬けの環境でとっても楽しいhappy01

きらもとても楽しそうで、絵本の wiggle your neck! (首を振って)という動作を見て、首を振ってマネできたのには驚いたwink

段ボールの上に数字を描いて、それを歌に合わせたがらジャンプしたり、サイコロに体のいろいろなパーツを描いて、自分の体のその部分を指さしたり。

これらはおうちでもできそうだね!がんばって作ってみようと思います。

その後、二人でファミレスに入り、きらは初めてのお子様ランチrestaurant

ついでにショッピングモールへ行き、プレイルームで遊ばせる。さんざん遊んで、帰ろうね~とベビーカーにはめようとすると、断固拒否annoy

いやだ~帰りたくな~いcryingモードのきら。

これって、初めての行動だわlovelyと、にんまりうれしくなった私。

子供らしい自己主張ができるようになってきたんだねshine

にほんブログ村 子育てブログへ ←クリックお願いします(*^_^*)

Cimg5946

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月25日 (月)

耳鼻科デビュー

とうとういや~な花粉症の季節。春一番が吹き荒れたこともあり、私はほぼノックダウンdowncatfacesweat01 きらも2,3日滝のような青っパナsweat02sweat02

ということで、今年も耳鼻科へ。

いつも満員電車並みに混んでる駅前の耳鼻科。いつも子供が騒いでいる横で、本なんか読んだりしながら、待合室で待っていたのがいかに楽だったか、子連れでこの耳鼻科に来ることがどんだけ大変か、・・知らなかったな~coldsweats02

ぬいぐるみが積んである場所に来て、ようやくじっとしてくれたきら。私もパパもやっと空いてる席を見つけて、座れたdash

花粉症でボーっとしている私の耳に入ってきたのは、隣に座っている親子の会話。

高校生くらいの娘さんが、近頃学校ではやっている事を楽しそうに、お母さんに説明していた。携帯にたくさんついたストラップを母親に見せながら、まるで友達同士のような会話。

頭痛に悩まされていた私も、ほほえましく憧れる親子関係で、なんだかとろんとしてしまったshine

すると、きらが、娘さんのジャラジャラストラップに反応lovely

やばい・・!?と思いきや、その親子に気に入られ、抱っこしてもらって、そのお母さんのしていた素敵なネックレスに食いつき、それはマズイsweat01とあせったが、それでも、いつまでもあやしてもらって、私の方がうらやましく思えるほど、あやしてもらったheart04

病院を出ても、家に着いても、なんだか心にじーんと残っているその親子の姿。

娘さんが恋愛の話もしていて、それを楽しそうに聞くお母さん。

友達のような親子関係で、女同士楽しそうで、

私ときらもそうなってたいな~ってhappy01

何年後かすると、ママと一緒より、外の世界の方が楽しいことを知っていくはず。

秘密なこと、隠したいこと、親に言えないこととか、そんなことも作るようになるんだろうな♪

それでも、パパに内緒で、ママには教えてね(*^_^*)

楽しく、気楽な親子関係を築いていきたいねgood

その後、怖そうな先生に、初めての耳鼻科の診察に大粒の涙を出して大泣きhappy02sweat01したきら。しかも、蓄膿症と言われてびっくり! 子供はよくなるそうだが、気をつけましょうcoldsweats02

Cimg5891_edited1_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

充実な一日

産婦人科でのお友達とちびっこと、晴れた空の下、公園へ! Cimg5933_2

お砂場には、ちょうど保育園の子供たちが来てて、お砂場セットがたくさんheart

洗剤のスプーンや、プリンの入れ物。

それらは立派な遊び道具になるんだね~とつい感心happy01

ママがきらの靴を忘れたために、一人裸足footのきら。暖かい日でよかったね~sun

Cimg5921_2 おひさまの下は本当に気持ちいい! 最近じんましん?かアトピー?か、手荒れに悩まされてるきら。 お外遊びは控えるように、お医者様に言われたが、これだけ楽しそうに遊んでる姿を見ると、難しいsweat02

午前中は、ママと二人で公園を散歩。お昼寝して、お昼を食べて、今度はお友達と遊ぶ。たくさんおひさまを浴びたところで、みんなでピアノコンサートへ!

毎月楽しみにしてる産婦人科で開かれるピアノコンサート。毎度頂く手作りの指輪にハンカチを集めるのも最近の楽しみhappy01そして、生の演奏を子供と一緒に聞ける機会は希少だ。Cimg5936_3

終了後、ばったり遭遇したのは、きらの出産の時お世話になったあこがれの助産婦さんheart04

「あら~かわいい!ママに似てないわね・・あら失礼scissors

と、言われてしまった(>_<)

今日は、たくさんおひさまを浴びて、ピアノも聞けて、いい一日を過ごした気がする。

次の子もまたここで出産したいな~と思いつつ、

Cimg5937_2 今日一緒だったお友達Kさん、三人目ご懐妊本当におめでとうsign03

きらがお姉ちゃんになるのは、いつかな?

ちなみに、今日は生活改善プログラム三日目。ほっとくと12時まで起きてるきら。気を引き締めて、厳しくやって、今日は9時就寝。マズマズだsmile

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

オカリナコンサート

月に一度の支援センターでのイベント。Cimg5912_edited1_2

今月は「オカリナコンサート」

仲良しのゆうきくんにあんなちゃんと一緒に鑑賞notes

最初はいい子にしていたものの、後半はいつものとおり集中力切れ。

いろんなとこへあいさつに行ってもどってくると、

あんなちゃんのマグマグが気になりだしたbearing

いつもやさしくて、きらと比べても女の子らしいあんなちゃんheart03

そんなあんなちゃんとマグの奪い合いにsweat01

Cimg5913_edited1 誰に似たのか、負けん気の強いきら。やさしいあんなちゃんが折れる形で終戦sad

あんちゃん、ごめんね~downこんなきらなのに、ピアノコンサートの時は、遠くから手を振ってくれてありがとうcrying 

その後、近くの公園で一緒におひさまをいっぱい浴びてバイバイpaper

これからもずっとずっとよろしくねshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懐かしのメリー

にほんブログ村 子育てブログへ

きらがおもちゃ箱からもぞもぞと何かを持ってきた。

それらは、きらが産まれたばかりから、半年くらいまでの間、かなりお世話になったメリー。

ベビーベッドに取り付けて、クルクルまわって、音もなる。

TINY LOVEというブランド物で、友人たちに出産祝いpresentで頂いたもの!

きらは、とにかくこれが大好きで、回り出すと大興奮!あんまり発狂するので、心配したほど(*^_^*)

おかげで、家事もはかどる本当にすぐれものだった。

覚えているのかな??

懐かしくて、うれしくて、胸がジーンとなりましたheart02

Cimg5886

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

託児所デビュー

にほんブログ村 子育てブログへ←クリックお願いします

Pict0002 下記の講演を聞いている中、きらといとこのかいちゃん、りゅうは託児所で一時預かり。

年齢別に分かれていて、残念なことに大好きなりゅうと別の部屋despair

かいちゃんときらは同じお部屋へ。Pict0004

今まで、ママとパパの実家ではとってもいい子に過ごすことができていたきらは、がんばれるかな??

少し遅れてお部屋に入ると、ほかの子たちがギャーギャー悲鳴をあげて、泣いているsweat01

その異様な雰囲気に負けたのか、お迎えに行くと、ママの顔を見た途端、お口がへの字coldsweats01

よくがんばったね~sign03と、ハグするよりも、りゅうちゃんを見た時の方がとっても安心した様子heart02

かいちゃんは、きらよりしっかりしていたそうで、保母さんにだっこされて、まんざらでもない様子。Pict0026

三人ともありがとうねsmile

にほんブログ村 子育てブログへ←クリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

絵に表れた子供の心の変化

にほんブログ村 子育てブログへ

三沢直子さんという、、心理学、精神、精神障害などの研究をされている方の講演を聞きに行ってきました。

タイトルは、「絵に表れた子供の心の変化」というもの。今後の子育てに参考になればと思ったのですが、十分に今からでも役立つお話で、同じく二人の子を持つ母である講師から、大変参考になるお話をうかがうことができました。

彼女は子供の内面を探る方法として、A4判の紙に、人と木と家を題材にして絵を描かせるという方法で、全国津々浦々、島々まで飛び回り、長い年月をかけてデーターを集めたそうです。

1981年の子供と、1999年の子供の絵を見比べてみると、驚くほどその絵が変わってきていました。スクリーンに出てくる数々の絵は、私でも理解できるものなのです。

簡単にいうと、1981年の子供(小学6年)の絵は、家が大きく存在感があり、奥ゆきのある絵で、洗濯ものや、お母さんが作業していたり、生活感を感じる。

しかし、1999年(小学6年)になると、家は小さく、存在感が薄い。構想がちぐはぐだったり、非現実的な要素が見られるものが多い。また、学級崩壊していたというひとつのクラスの中では、破壊的攻撃的な絵を描く者もいれば、小さく薄くうつ病の人に見られるような絵を描く者、また書き廻られ、統一感のない絵を描く者がひとつのクラスにいた。

絵に映る家は、子供の、心の中の家=家族=子供の受け皿 の象徴。だそうです。

が、小さくなっているということは、言いたいことを発散できる場所、相手がいない・・

そこで、溜まって飽和状態となった現代の子供達はきれやすくなる、そうです。

それらの絵は、一見素人の私から見ると、時に一風変わったアートのように見えたりもしました。雲から手が出ていたり、変なおじさんがおもしろおかしく描かれていたり・・・

しかし、それが非現実的であり、1999年の子供は1981年の子供と比べ、空間描写が異質で統合性がなくなったといえるそうです。

その原因として、挙げていたのが、ゲーム、テレビ、塾や、過熱する早期教育など。

乳幼児の頃に、子供同士、大人など多様なコミュニケーションが薄れると、大人になった時自分の思い通りにいかない事に大きなストレスを感じたり、自己や他者への実感が希薄となり、最近起こりうる残酷な事件などを起こしたり・・

ゲームという点では、攻撃的、セクシャルなゲームがよく批判されるが、それ以上に、楽しく愉快で、長く続けられるようなゲームもよくないと言っていました。

ゲームばかりしていると、現実と非現実の境目がつかなくなるばかりでなく、脳の中の前頭連合野という場所が停止してしまうそう。その場所はキレる時にブレーキをかける仕事をするそうで、そこが停止してしまうというと、聞こえはよくない。

三沢先生がおっしゃっていた印象的な言葉

「日本は生身の子供を実験台のように使っている」と。

ゲームやテレビが散乱していて、自由で規制がない。どれだけ悪影響か実験しているようだと。

びっくりした話で、イギリスでは乳児は何階以上に住んではいけないという法律があるそう。

小さい時から高いところで生活すると、地に足を着いている感覚がにぶり、精神に障害をきたす恐れがあるそう。 三沢先生が、都内一等地の高層ビルに囲まれた場所にある小学校で同じように絵を描く実験をしたところ、多くの生徒の絵に地面と接する線がなかったそう。ちなみに、そういう絵は分裂症の患者によくみられるそうです。

私も子供のころ、ゲームは大好きで、失敗してはリセットボタンを押して、最初からまた始める。そんな事をよくした記憶はあるし、何かにつまずいた時、「リセットボタンがあればな~。」と思ったこともよくある。

でも、支配者のように、王様のように君臨できるのはゲームの世界だけであって、世の中そううまくは行かないんです。ということ。社会に出てよくわかった気が(;一_一)

我が家の近所のチビッコ達は、よくDSを持って公園でゲームしてる姿を見るけど、今の子はみーんな持ってるし、うちの子だけ持たせないってのも大変だろうし、

もっともっと臨床実験などの結果が解明されて、悪影響が明確になれば、世論がもっと動きだすだろうし、そう願うと同時に、

子供同士、外で元気に遊んで、生身の人間関係をたくさん築いていっていける環境を我が子だけでなく、みんなで作っていけるように、それが大人のすべき事かなと思いました。

一歳を過ぎると同時に、いろんな事ができるようになったきら。

今、どんなものに興味があるのか、与えるおもちゃはどんなものがいいのか、など考えていた私。そんな今の私の心にドーンと響いた言葉。

「母がどんなに頑張っても、子供の心を育てるには、

3分の1程度しかかかわれない

後の3分の1は、父、家族など他の大人

残りの3分の1は、子供同士

で育てるもの。」

なんだあ、3分の1だけかあ~。と思った私。

パパに後日この話しをすると、「え~3分の1も!」と。

確かに、今の我が子には母がすべてに思えるけど、子供の人生からしたらこんな時はほんの3、4年で、後の人生はいろんな人と出会い、外の世界へどんどん出かけていくんだね。

今のこの時を大切に、子供にとって、一瞬一瞬がとても大切なことを改めて認識できました。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧