絵本

2008年2月 3日 (日)

ゆきだるま

にほんブログ村 子育てブログへ←やってみました!クリックお願いします(^-^)

大雪の日曜日です!

子供の頃、雪って興奮したもんだ。Pict0008

今では、冷え性で腰にくるが(>_<)

近所のちびっこ達がそりを出して大騒ぎ。

久しぶりに見る雪なのに、きらはもうこれで2回目。

パパがきらを抱えてお外へ。

二人で頭に雪をのっけて帰ってきた。

こんな時は「ごろんごゆきだるま」の絵本を!Pict0001_2

お外の雪と同様だとわかるのか、いつもより大喜びのきら。

読み終わると、もっと読んで!とばかりのうなり。

もう一度読んであげるとまた笑顔☆

Pict0009 そんな中、パパがゆきだるまを作ってきてくれました!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月30日 (日)

絵本の力

今日は、実家近くの教会で行われた、松居 直氏の講演を聞いてきました。

松居先生とは、福音館書店 相談役、 児童文学者であり、あのブックスタートという絵本をひろめる活動のNPO法人の理事長さんでもあるというすごーいお方。 「ぐりとぐら」 「スーホーの白い馬」 「うさこちゃん」 シリーズの編集を手がけた方でもあるそうです。

これも、行きつけの図書館でお声をかけて頂いて、無料でこんなチャンスを頂けた。 とってもためになる話ばかりだったので、私なりに簡単にまとめてみようと思いました。 みなさんの子育ての参考にもなればと思います。 図書館の方、本当にありがとうございました。

講演のタイトルは、「絵本の力」。

絵本とは、ことばの世界。 

言葉は、母からもらい、命も母からもらい、 体、生活、物、全てを言葉で表現し、言葉は命をも支える。 だから、小さい時からたくさん言葉を吸収しましょうとのこと。 

自分の中に、たくさん言葉を持つことは、大きな受け皿を持つということ。 

言葉を知ることは、人の話しを聞けるということ。

聞けないで話していてばかりではダメです(ドキ!?) 人の話しをたくさん聞けるということは、言葉をたくさん知っているということ。

聞くことから、字が読めるようになり、書けるようになり、そして、読書ができるようになる。 読書で、文の世界に入りこむことで、感じること、考えることを学ぶ。

読解力を養うことで、人として、受け皿を持つ。  

受け皿を持つことで、自分で気づき、自分で学び、自分で知る力が身に付く。

乳幼児期は、「学ぶ」のではなく「悟る」ということ。 たくさんの遊びの中で赤ちゃんは悟っていく。

たくさん遊ぶことは、言葉のうずである。

五感をフルに使い、たくさんのことを体験すること。実感すること。 そして、言葉を実感として感じること。

暮らしの中で、言葉を豊かにすることが、心を豊かにしてくれる。

言葉をたくさん食べることで、たくさん喜びを生み、喜びを表現できる。

親として、無理に教えず、無理に本を読ませず。 いっしょに読み、いっしょに楽しみ、本当に好きな本を何度も読んであげることが大切。

絵本以外の世界でも、ファンタジーの感覚を持つことが幼児期に大切。

目に見えないもの、、。時間、命、心、愛、うそ、ほんと、かなしみ、空間、感覚

本当に大切なものは目に見えないから。

ママとしても、日常生活で使う言葉やあいさつを大切にしましょう!

先生の趣旨に反していないと思うのですが、私なりにまとめたので、ずれてしまっていたら、ごめんなさい。 でも、本当にためになるお話しばかりでした。 ありがとうございました!

また、先生のお勧めの絵本として、

「3ひきのやぎとがらがらどん」

「小さなうさ子ちゃん」

どちらも、素晴らしい日本語だそうです。

3ひきの・・・の方は、日本語訳が素晴らしいので、英訳よりだんぜん売れているそうです。

うさ子ちゃんの方は、石井桃子さんという方の著で、この方の絵本はどれも美しい日本語が使われているそうです。

他にもいろいろあったのですが、・・長くなってしまうので。

あと、絵本の選び方として、絵を見ただけで、ストーリーがわかる本は合格!だそうです。

参考になったかな? 何かお役に立てれば幸いです☆

| | コメント (0)

2007年9月22日 (土)

絵本

赤ちゃんがいる楽しみのひとつが絵本

最近は赤ちゃん用の絵本がたくさんあって、親としても、どの本を我が子に読ませようか、選ぶのが楽しい。Pict0118

きらのお気に入り不動の一位は、「ぽぱーぺぱぴぱっぷ」 という谷川俊太郎さんのもの。今では表紙を見せるだけで大喜び。 言葉も絵も意味不明だが、読んでる方も楽しくなる。 私自身も独創的な絵がとても気に入っている。 あまりに意味不明なので、韓国語風中国語風など、勝手にバージョンを作ってそんな感じに読んだりしてる。

 図書館で何度も延長して借り続け、結果、図書館の方に「買ってあげたら?」と言われた。 ので、即購入。それから、図書館で気に入ったものは買うようにしています。 

今日は、図書館の方がやっているイベント、「よちよちひろば」に初参加。 絵本の読み聞かせに、動物あそびお歌にわらべうた。 と、いろいろ盛りだくさん! とても楽しいイベントでした。 またひとつ、通い続けたい行事が増えました。Pict0113  

絵本を通して、リズム言葉を楽しんで覚えていけるんだね。 絵本ってテレビやビデオより、温かみがある。 大人でもジーンとくるストーリーの絵本も多し、英語の絵本を読むと、言葉の違いがわかるのか、食いつきがいい! インテリアとしてもよし! そして、読んでる私も、楽しい!

たくさん新しい絵本があるけど、私が子供の頃読んだ絵本もたくさんある! 今読み返してみて、こんなストーリーだったんだあ、と胸がジーン。

先日、本屋さんで即買いした絵本。 「おひさま」

きらが、もう少し大きくなったら、こんな事を声に出して言ってほしい、と思う本当に素敵な内容で、友達の出産祝いにもこの本を贈ることにしました。 この本は、赤ちゃん用の絵本ではなかったので、子供も大人もお勧め!

最近まで、育児書にはまっていた私。 図書館のはかなり読みあさったので、今度は絵本にはまっています

| | コメント (0)